台湾情勢を巡って、中国駐福岡総領事の一方的な主張をそのまま寄稿として掲載する沖縄タイムス

台湾情勢を巡って、中国駐福岡総領事の一方的な主張をそのまま寄稿として掲載する沖縄タイムス

近年、周辺国への驚異度を増していく中国。
力による現状変更や、日本に対する度重なる領海侵犯、領空侵犯の恐れがあるための空自のスクランブル回数激増、 EEZ(排他的経済水域)への弾道ミサイル撃ち込み電磁式カタパルト搭載の新鋭空母建造ロシアと艦隊を組んで日本列島一周しての威嚇伸び続ける軍事費等、日本に対する直接的な脅威もますます高まっています。

そんな恫喝国家の中国が決して譲らないのが台湾を意識した「ひとつの中国」です。

最近も台湾を巡って一悶着がありました。
訪台していたペロシ米下院議長が台湾を発った後の2022年8月4日、中国は台湾封鎖の大規模演習の一環で、11発の弾道ミサイルを撃ち込んできました。
そのうち5発は、日本の排他的経済水域(EEZ)に着弾。

  • 【BBC】中国、台湾周辺に弾道ミサイル発射 米下院議長の訪台受け 2022年8月5日
    https://www.bbc.com/japanese/62431271

台湾を国と認めず、我々の領土だと恫喝している訳です。
中国は台湾のみならず、日本の尖閣諸島・沖縄までの領有権を主張しており、このような無法を許せばいずれ同じ様なロジックで日本に侵攻しかねません。
我々は非常に危険な、瀬戸際に立たされています。

  • 【産経新聞】【歴史戦】中国が沖縄の領有権主張 沖縄開戦直後 カイロ宣言ほご 混乱乗じ 英機密文書「ウルトラ」で判明 2016/10/29
    https://www.sankei.com/article/20161029-56RYHFJH3FKYZBYZAKLODNMAOQ/

更には、台湾侵攻と同時、またはその前に尖閣や日本の南西諸島を盗りに来る事も想定しておかねばなりません。

中国・駐福岡総領事の寄稿文を掲載する沖縄タイムス

このような情勢下、沖縄地元の新聞社である沖縄タイムス(本社:沖縄県那覇市)が中国駐福岡総領事の律桂軍氏による寄稿文(上・下)を掲載しました。
寄稿文は「台湾が国家ではなく、両岸が同じ一つの中国に属することこそ、古来の台湾の現状であります」という強弁から始まり、「そもそもペロシ氏の訪台で問題を引き起こし、危機を作り、緊張をエスカレートさせたのは米国」等、終始一貫して中国側の主張がまくしたてられております。
以下に沖縄タイムスの記事を示しておきます。

  • 【寄稿】台湾当局者への反論(上)「一つの中国」破った米 訪台強行こそが主権侵害 2022年8月23日
    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/1012041
  • 【寄稿】台湾当局者への反論(下)台湾海峡に真の平和を 中国の核心的利益を守る 2022年8月24日
    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/1012670

これは一党独裁国家のプロパガンダである。
このような中国側の一方的な主張を何の論評も無く無批判に掲載する意図とは一体何なのか。
一応、社説で中国軍の大規模演習を批判はしていたようだが(その中でもまだ日本の防衛力強化に反対していたが…)、両論併記のつもりなのか。

このままでは、いずれ尖閣諸島や沖縄本島も同じロジックでやられますよ。
むしろ、それを狙ってやっているのか。

ウイグルが中国に何をされたのかをちゃんと知って、改心してもらいたい。

参考

広告

種苗法特集
アクセスランキング
最新記事一覧
     

新着記事一覧

Twitter