ウイグル・ジェノサイド

ウイグル人等の少数派に対して現在進行形で行っているジェノサイド・民族抹

中華人民共和国の新疆ウイグル自治区で、習近平総書記の政権下の中国共産党政府がウイグル人等の少数派に対して現在進行形で行っているジェノサイド・民族抹殺。
100万人以上が収容所に強制連行されたあげく思想改造・強制労働・拷問・虐待され、他にも強制的な不妊手術、避妊、中絶等の深刻な人権侵害があるとされています。
更に漢民族の大量移入で人口比も変化しているといいます。民族浄化そのものですが、その実態と、日本の左派メディアがどのように報じているか見てみましょう。

左派メディア・マスコミの報道

ウイグルでのジェノサイドを否定するかのような学者・マスコミ関係者が居る事にも驚かされます。また、ジャーナリストや著名人にも、ウイグル問題に言及しない言い訳や茶化すような真似をする人々が。彼らをそのように突き動かす動機は何でしょうか。

広告

種苗法特集
アクセスランキング
最新記事一覧
     

新着記事一覧

Twitter