中国によってウイグル人、チベット人、法輪功関係者らの臓器が強制的に摘出されている件、朝日新聞と毎日新聞は掲載記事無しか?…検索するもヒットせず

中国によってウイグル人、チベット人、法輪功関係者らの臓器が強制的に摘出されている件、朝日新聞と毎日新聞は掲載記事無しか?…検索するもヒットせず

中国は、拘束しているウイグル人やチベット人やキリスト教徒、思想犯として囚われた気功団体「法輪功」の関係者等から強制的に臓器を摘出していると何度も指摘・非難されています。
これまでに、欧米のメディアを中心に報道されてきました。
検索すれば、以下のような記事がすぐに出てきますね。
いくつかピックアップしてみましょう。

こちらも海外のメディアに準じるような内容ですね。
四大紙以外にも取り上げられております。

中でも、デイリー新潮によると、ウイグル人の少年らが臓器目当てに襲われる事件が発生しているそうです。

【デイリー新潮】日本は及び腰の「中国の弾圧」問題 在日のウイグル人ら訴え、中国公安はメールで恫喝 2021年12月14日
さらには臓器売買目的で、ウイグル人の中学生(男女)が襲われて内臓をえぐられ畑に埋められていた事件もあったという。事件を告発した男性は警察に連行されたといい、「あれだけ多くの監視カメラがあるのに犯人は捕まらない」と嘆く。そして、

「私たちは消されようとしている。消えた後で歴史の教科書に載せてもらっても何の意味もない」
「日本の国会はミャンマーに対しては非難決議を行ったのに、なぜ中国にはできないのか」

引用:https://www.dailyshincho.jp/article/2021/12140559/?all=1&page=2

以下のRadio Free Asiaが伝えるこの事件が、新潮が伝える事件と同じかどうかは分かりませんが、実際にこの種の事件が起こっているのは間違い無さそうです。
一部日本語訳して引用します。

【Radio Free Asia】Uyghur Teenager Murdered by Traffickers After Abduction En Route to School
Abdulla Rahmanjan was found in a field days later with his organs removed, sources said. 2021.03.16
ウイグル人青年が通学途中に拉致され、人身売買組織に殺害された。
アブドゥラ・ラーマンジャンは数日後、臓器が摘出された状態で野原で発見されたとのことです。

中国北西部の新疆ウイグル自治区で今月初めに行方不明になったウイグル人の少年は、人身売買組織に誘拐され、臓器を摘出されて野原に放置されたまま死んでいたことが、関係者の話で明らかになりました。

引用:https://www.rfa.org/english/news/uyghur/murder-03162021170058.html

朝日新聞と毎日新聞は、ウイグルでの強制臓器摘出の記事が検索しても出てこない

このように、検索すればいくらでも出てくるこの種の記事が、朝日新聞と毎日新聞はいくら検索しても出てきません。
試しに、以下のようなキーワードの掛け合わせでGoogle検索をしてみてください。

  • ウイグル 臓器 ****
  • 中国 臓器 ****

****を朝日新聞や毎日新聞に打ち替えてください。
肝心の記事が見つからないのが分かると思います。
これまでそういった記事はほとんど(全く?)書いてこなかったという事なのでしょう。 ※2022年1月現在

産経新聞や読売新聞、その他ではちゃんと記事が表示されるのも確認してみてください。
また、朝日新聞、毎日新聞は同様にサイト内検索で

  • ウイグル 臓器

と検索しても、やはり記事が見つかりません。
これは一体どういうことなんでしょうか。
探し方が悪いのかもしれませんが、それにしてもこれら主要キーワードで検索できないのは、やはりこの種の記事を掲載してこなかった証左なのでしょう。
朝日新聞と毎日新聞は、中国に忖度して日本の読者にウイグルでの強制臓器摘出の実態を知らせたくないのでしょうか。
もしそうなのであれば、これは報道しない自由を行使していると言ってよいのではないのでしょうか。

朝日新聞、毎日新聞はこれまでの報道内容からも、中国寄りである事が推察されます。
下記の過去記事も参照ください。


なお、朝日新聞の記事掲載期間は下記の通りです。

広告

種苗法特集
アクセスランキング
最新記事一覧
     

新着記事一覧

Twitter