沖縄で中国に有利な世論を形成し、日本国内の分断を図る中国:公安調査庁がはっきりと言及

沖縄で中国に有利な世論を形成し、日本国内の分断を図る中国:公安調査庁がはっきりと言及

時々ネット上で見かける沖縄の「琉球独立」論。
公安調査庁の調査によると、やはり中国の手のものが「沖縄で,中国に有利な世論を形成」しているようです。
公安調査庁のホームページの『「内外情勢の回顧と展望(平成29年1月)」(国外情勢)』(平成29年1月)という資料のコラムの中で調査結果が公表されていますので、引用してみます。

「琉球帰属未定論」を提起し,沖縄での世論形成を図る中国

~中略~
中国国内では,「琉球帰属未定論」に関心を持つ大学やシンクタンクが中心となって,「琉球独立」を標ぼうする我が国の団体関係者などとの学術交流を進め,関係を深めている。こうした交流の背後には,沖縄で,中国に有利な世論を形成し,日本国内の分断を図る戦略的な狙いが潜んでいるものとみられ,今後の沖縄に対する中国の動向には注意を要する。

引用:「内外情勢の回顧と展望(平成29年1月)」(国外情勢)
http://www.moj.go.jp/content/001221032.pdf

内外情勢の回顧と展望(平成29年1月)の公表について
http://www.moj.go.jp/psia/kaitenH2901.html

いかがでしょうか。
新聞・テレビ等のマスコミ・メディアでこのような言及がなされないのでは何故なのでしょうか?

皆さんは、この実態をいかがお考えでしょうか・・・?

広告

アクセスランキング
最新記事一覧
     
Twitter