ウイグル弾圧犠牲者の追悼集会を中国人が妨害し逮捕者が出た事件で、「ウイグルの」追悼集会だったと書かない共同通信

ウイグル弾圧犠牲者の追悼集会を中国人が妨害し逮捕者が出た事件で、「ウイグルの」追悼集会だったと書かない共同通信

中国によるウイグル弾圧の犠牲者を追悼する集会を妨害したとして、警視庁公安部は20日までに、威力業務妨害の疑いで中国国籍の男3人を逮捕、7人を書類送検したとの事です。
恐ろしいのが、日本国内のウイグルの集会に対してまで中国人が組織的な妨害活動を実行している事です。
このような事が日本国内で進行中であるという危機感をもっと持つべきでしょう。

では、この事件を日本国内の新聞社はどう伝えたのかを比較しながら見てみましょう。

ウイグル弾圧犠牲者の追悼集会を妨害で中国人逮捕、と見出し・本文で明記している産経新聞

まず、産経新聞の記事から見てみましょう。
ウイグル弾圧犠牲者の追悼集会を妨害 中国人10人摘発」という見出しでウイグル弾圧犠牲者の追悼集会を妨害した中国人が摘発されたと分かりますし、本文中でもはっきりとウイグルの犠牲者の追悼集会であると明記されています。

【産経新聞】ウイグル弾圧犠牲者の追悼集会を妨害 中国人10人摘発 警視庁 2021/10/20
東京都内で今年7月に開かれた香港や新疆(しんきょう)ウイグル自治区などでの中国政府による人権問題の犠牲者を追悼する集会を妨害したとして、警視庁公安部は20日、威力業務妨害容疑で中国籍の男7人を書類送検した。中国政府による新疆ウイグル、チベット、内モンゴル各自治区と香港に対する人権弾圧が強まっている中で、日本国内で行われた集会にまで中国人が組織的に妨害行為を行う事態に、警察当局も警戒を強めている。

引用:https://www.sankei.com/article/20211020-VALTMY7MUZLMJACQI6YON6R36M/

※赤字部分は引用者注

日本国内ですらこの状況ですから、ウイグル自治区内では相当な弾圧が加えられている事も容易に想像できます。
尖閣諸島をめぐって中国から軍事的圧力をかけられている日本も他人事ではありません。

ウイグル弾圧犠牲者の追悼集会である事実を書かない共同通信

次に共同通信の記事です。 共同通信の記事は、見出しにも本文にもどこにも「ウイグル」の文言が出て来ず、ウイグル弾圧犠牲者の追悼集会である事が分からないようになっています。
これではウイグル弾圧の犠牲者の追悼集会を中国人が組織的に妨害した、という構図が浮かび上がりません。
以下に記事全文を引用してみましょう。

【共同通信】人権弾圧犠牲者の追悼を妨害疑い 中国人10人立件、警視庁 2021/10/20
東京都新宿区で7月、中国の人権弾圧などによる犠牲者を追悼する集会を妨害したとして、警視庁公安部は20日までに、威力業務妨害の疑いで、いずれも中国籍の会社員や留学生の10~30代の男性10人を立件した。逮捕が3人、書類送検が7人。認否を明らかにしていない。

 公安部によると、10人のうち1人が金銭の支払いを約束して他9人を集め、妨害行為を指示したとみられる。公安部は妨害目的や背景、組織性の有無についても調べる。

 逮捕容疑や書類送検容疑は共謀して7月1日昼ごろ、新宿区内のビルで行われた「中国共産党結党100年全ての犠牲者を追悼する集会」で進行を妨害した疑い。

引用:https://nordot.app/823391536819879936?c=110564226228225532

以上のように、どこにも「ウイグル」と表記されていません。
中国に忖度して意図的に隠す、報道しない自由を行使しているのでしょうか。

共同通信にはウイグルでのジェノサイドについて否定的な記事を書く客員論説委員が存在している等、明白な親中派が居る事も知っておいてもらいたいと思います。
こちらについては以下の記事を参照してください。

産経の記事によると、中国人の妨害者は中国のSNSで募集され時給が出ていた

前述の産経新聞の記事によると集会やデモに参加していた香港出身のウィリアム・リーさん(28)は「これまでも妨害はあったが、組織的なものは初めて。中国のSNSでデモ妨害の募集が時給付きで集められていた」と話している。とあります。
日本での妨害活動に資金を提供している組織があるようです。
おそらくは中国共産党の下部組織なのでしょうが、こういった実態があることを知らしめていきたいと思います。

広告

アクセスランキング
最新記事一覧
     
Twitter