「辛ラーメン」の韓国メーカーが輸出した即席麺から有毒物質検出で、EU当局は販売禁止・リコール措置。これを報道しない日本の大手新聞社

「辛ラーメン」の韓国メーカーが輸出した即席麺から有毒物質検出で、EU当局は販売禁止・リコール措置。これを報道しない日本の大手新聞社

スーパーやコンビニのインスタント麺売り場で見かける事のある「辛ラーメン」。
この即席麺は韓国のメーカーである「農心」の商品ですが、この農心の即席麺から基準値を超える有毒物質が検出され、EUでは販売禁止やリコールとなる措置がとられていたのはあまり知られていない事実なのではないでしょうか。

それもそのはず、日本では四大紙では報道されず、NEWSポストセブンやデイリー新潮などの週間紙や韓国情報メディアのWoW!Koreaなどでしか取り上げられていなかったからです。
※朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、産経新聞のサイト内検索、Google検索で該当記事が無いことを確認

直接有毒物質が検出されたのは辛ラーメンではなく別の商品だったのと、別のメーカーの製品もあったそうですが、それにしてもこれだけ国内で流通している商品のメーカーのリコール・販売禁止騒ぎなのですから、もう少しとりあげるべきではないでしょうか。

以下はNEWSポストセブンの記事の引用です。

【NEWSポストセブン】キムチ、魚介類など日本に輸入された韓国産食品の「違反事例リスト52」 2021.09.13
「辛ラーメン」で知られる韓国の即席ラーメン最大手「農心」がEUに輸出した商品から、基準値超えの有毒物質「2-クロロエタノール」が検出され、EU当局は販売停止とリコールを実施したと報じられた(8月16日)。

引用:https://www.news-postseven.com/archives/20210913_1689275.html?DETAIL

この記事によると、メーカー側は日本への輸出はしていないと言っているようだが厚生労働省では「輸入品目のなかにあるか確認中」だそうである。
四大紙をはじめとして大手メディアがほとんど取り上げない理由がわからない。韓国に忖度した報道しない自由の行使なのでしょうか?

以下は同様の内容を伝えるデイリー新潮とwowKoreaの記事へのリンクを張っておきます。

韓国初のインスタントラーメン、日本が無償で技術提供

この有毒物質混入のニュースを調べるうちに初めて知りましたが、韓国初のインスタントラーメンは日本のメーカー「明星」が無償の技術提供をしたからこそ誕生したものだったそうです。
以下はそれを伝える産経新聞の記事です。

韓国初の即席ラーメン、明星食品が無償で技術提供…「残飯がゆ」の飢え解決の熱意からはじまった 2016/12/21
明星食品の技術提供は無償。そのうえ三養食品に重要な原料の配合表(レシピ)さえ教えた。

引用:https://www.sankei.com/article/20161221-FX32TSZALFPW7LLZL2WT274ZGY/
引用:https://www.sankei.com/article/20161221-FX32TSZALFPW7LLZL2WT274ZGY/3/

日本人は何ともお人好しですね。
※明星への不買を煽る意図はありません、念のため…

広告

アクセスランキング
最新記事一覧
     
Twitter