韓国籍女性が交番に自転車で突っ込み器物損壊で逮捕された事件、国籍を伏せたり、そもそも事件報道をしない事例があった

韓国籍女性が交番に自転車で突っ込み器物損壊で逮捕された事件、国籍を伏せたり、そもそも事件報道をしない事例があった

2022年4月27日、酒に酔った韓国籍の女性が神戸市長田区の交番に自転車で突っ込み、入り口ガラス扉を割ったとして器物損壊の疑いで逮捕されるという事件が起こりました。
怪我人もいない地方ニュースだからなのか、大手新聞社では産経新聞しか記事にしておりません。
この程度の事件では朝日や毎日は記事にしてくれないようです。

また、神戸市の地元サンテレビのニュースでは、国籍が伏せられています。
まさか、サンテレビは容疑者が韓国籍であった事を知らなかったはずがありますまい。

犯罪者が特定の国出身だからといって、ことさらそれを強調し差別に繋がるような表現はいけないのは分かります。
しかし、ただの事実報道において国籍を伏せてしまうとあたかも日本人による犯罪のように見えてしまい、事実が隠蔽される事になります。
日頃、マスコミは報道の自由だ国民の知る権利だ等と主張しているのですから、きっちりとスジを通していただきたいものです。
これでは報道しない自由を行使していると思われても仕方ないですよ。

また、過去には日本国内で新型コロナウイルス感染が初めて確認されたのは中国人だったのですが、朝日新聞は国籍を伏せていた事例がありました。
この時は、中国から帰国した日本人が感染していたかのように報道していました。
このように、国籍を伏せることで事実と全く異なる印象を与える事も可能になります。
当時の記事にリンクしておきますのでご参照ください。
マスコミは何か意図があってやっているのかしらね。

広告

アクセスランキング
最新記事一覧
     

新着記事一覧

Twitter