南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島を不法に占拠する中国人民解放軍の言い分をそのまま垂れ流す共同通信

南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島を不法に占拠する中国人民解放軍の言い分をそのまま垂れ流す共同通信

中国が一方的に領有権を主張し軍事拠点化を進める南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島付近で、米海軍が「航行の自由」作戦を実施したというニュースがありました。 これについての共同通信の報道内容が、中国目線そのままの内容であったので紹介しようと思います。

以下、2020年10月10日の記事を引用します。

米駆逐艦が「領海侵入」 中国が警告、南シナ海 一般社団法人共同通信社 2020/10/10

中国人民解放軍で南シナ海を管轄する南部戦区の報道官は9日夜、米海軍のミサイル駆逐艦が同日、中国が領有権を主張する南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島周辺海域で「領海に侵入した」と非難する談話を発表した。駆逐艦に現場から離れるよう警告したという。

 報道官は、海空の兵力を総動員して駆逐艦を追跡、監視したと強調。「不測の事態」を避けるため、米国側に「挑発行為の即時停止」を求めた。米国が南シナ海へたびたび軍艦を派遣して武力を誇示し「中国の主権と安全を深刻に侵害し、地域の安定を破壊している」と非難した。

引用:https://this.kiji.is/687326351824356449

以上のように、両論併記するでもなく中国人民解放軍の言い分をそのまま垂れ流しています。
一方で産経新聞の同日の記事では、中国の主張は国際法と矛盾しているとの指摘がなされています。

米海軍、南シナ海で「航行の自由」作戦 産経新聞 2020.10.10

米第7艦隊のモムセン報道官は9日、米海軍のミサイル駆逐艦「ジョン・S・マケイン」が同日、中国が軍事拠点化を進める南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島の付近を通航する「航行の自由」作戦を実施したと発表した。

 報道官は声明で「中国による南シナ海での不法な海洋権益の主張は、航行や飛行の自由、貿易・商業活動の円滑な実施といった海洋の自由に対する深刻な脅威だ」と非難した。

 声明はまた、米海軍が今回の作戦を通じ、「(同艦が通航した)海域は、中国が領海として合法的に主張できる範囲を超えていることに加え、パラセル諸島周辺で中国が主張する直線的な領海基線が国際法と矛盾していることを示した」と指摘した。

引用:https://www.sankei.com/world/news/201010/wor2010100006-n1.html

※赤字部分引用者注
日本には何故かこのように中国目線で報道する報道機関があるという事です。
これは読者を騙し、中国の侵略を正当化する事に繋がると考えています。

このままでは尖閣諸島周辺に連日侵入し、既成事実化を図る中国の思うつぼです。
日本にとっても、対岸の火事ではありません。

事あるごとにこのような報道機関があるという事実を拡散させ、警鐘を鳴らしていきたいと思います。

関連記事

広告

アクセスランキング
最新記事一覧
     

新着記事一覧

Twitter