沖縄のオミクロン株の感染拡大で米軍由来だと執拗に責め立てる朝日新聞と毎日新聞、国内初の新型コロナ感染者確認の記事で中国人であることを隠していた

沖縄のオミクロン株の感染拡大で米軍由来だと執拗に責め立てる朝日新聞と毎日新聞、国内初の新型コロナ感染者確認の記事で中国人であることを隠していた

沖縄県では、感染力がデルタ株の約3倍とされるオミクロン株の感染者数が連日過去最多を記録。
これを報道するメディア各社の論調が、コロナウイルス感染拡大の初期のころと比べて大きく違う点があります。

コロナウイルスがまだ武漢肺炎などと呼ばれていたころ、メディア各社は差別を助長するとして「中国」「武漢」等と結びつけた呼び方をしてはならないと主張していました。

また、朝日新聞は、施設や企業などに感染者が出た事を公表した時に激しい攻撃にさらされると事実を隠す方向に流れると警鐘を鳴らしていました。

【朝日新聞】(社説)コロナと中傷 差別許さぬ姿勢を共に 2020年8月31日
施設や企業などが感染者が出たことを明らかにするのは、接点があった人々に注意を促し、拡大を抑えるためだ。だが公表すると激しい攻撃にさらされるとなれば、事実を隠す方向に流れ、感染経路の追跡もできなくなる。

 大切なのは、差別や中傷を許さない姿勢を社会全体で示し、必要な手当てを講じることだ。

引用:https://www.asahi.com/articles/DA3S14603708.html

ところが今回の沖縄でのオミクロン株拡大では、メディアの中で米軍に対する怨嗟の声が広がっている様子です。
確かに「米軍」「米軍基地」とは地名ではなく、「米軍ウイルス」等と呼ばれている訳でもありませんが、差別を助長してはならないのが趣旨では無かったのですか。
米軍に対して激しい怒りをぶつけ、米軍由来、米軍が要因、等と差別を助長しかねない勢いで罵っています。

いくつか記事をピックアップしてみましょう。

地位協定や制度が問題なら、そこを突けばよろしいのでは。

米軍を擁護するつもりはありませんし、国防のために沖縄を犠牲にしろ、などと言うつもりも全くありませんが、それにしてもコロナ禍の初期の頃、武漢と呼ぶなと中国をかばっていたあの態度との違いは一体どういう訳でしょう。
何故あの時、「中国由来」と言わせなかったのか。
「中国の状況を持ち込むな」と言わなかったのか。

また、米軍由来だとこれだけ激しく叩いているマスコミ各社ですが、2020年初頭、朝日新聞・毎日新聞は「日本国内での新型コロナウイルス感染の初確認は中国人」である事実を伏せていたのはご存知でしょうか。
過去記事で触れていますのでご参照ください。

米軍が相手の今回、あまりにも態度が違い過ぎはしないか。
琉球新報などは基地を封鎖するしかない、とまで言っています。

「米の状況持ち込むな」「米軍由来」と執拗に責め立てる玉城デニー沖縄県知事は、かつて尖閣諸島周辺に侵入を繰り返す中国公船を指して「パトロールしている、刺激するな」と言ってのけた人物です。

さぞかし中国は、ほくそ笑んでいる事でしょう。

広告

アクセスランキング
最新記事一覧
     
Twitter