三原じゅん子副厚労相の委員会30分遅刻に対し合計5時間以上も会議を空転させたのは立憲民主党の野党側だった!毎日新聞の「見出し詐欺」

三原じゅん子副厚労相の委員会30分遅刻に対し合計5時間以上も会議を空転させたのは立憲民主党の野党側だった!毎日新聞の「見出し詐欺」

2021年5月13日の毎日新聞の記事に、「三原じゅん子副厚労相が委員会遅刻 会議5時間以上中断」というものがありました。
見出しを見る限りでは、自民党の三原じゅん子副厚労相が遅刻して会議が5時間遅刻したように読めますが、本文を良く読めば全く違う状況であった事が分かります。
三原じゅん子副厚労相は省内の別会議に出席しており30分遅れただけで、残りの4時間30分以上は野党側(立憲民主党)の猛反発で空転したとの事です。

以下、毎日新聞の記事を引用してみましょう。

【毎日新聞】三原じゅん子副厚労相が委員会遅刻 会議5時間以上中断 2021/5/13
参院厚生労働委員会は13日、三原じゅん子副厚労相が約30分遅刻したことに野党側が猛反発し、5時間以上にわたり空転した。自民党側の説明によると、厚労省内の情報共有が不十分で、三原氏は省内の会議に出席していたという。

引用:https://mainichi.jp/articles/20210513/k00/00m/010/252000c

空転させたのはむしろ野党側であった事実は明白です。
この見出しの付け方は、政権叩きにつなげるために読者をミスリードしてやろうとの魂胆が見え見えの印象操作ではないでしょうか。

広告

最新記事一覧
     
Twitter