福島原発の処理水を「汚染水」と表現して風評被害を国内外に撒き散らすメディアと野党

福島原発の処理水を「汚染水」と表現して風評被害を国内外に撒き散らすメディアと野党

この記事のポイント

  • 放射性物質をほとんど取り除いた処理水を「汚染水」と表現する日本のメディア
  • 中国・韓国の言い分と完全一致する野党陣営
  • 経済産業省は安全性を発表している。トリチウム放出は諸外国でも実施しており、福島第一原発の放出予定量はそれらより少ない

2年後をめどに、政府が福島第1原発の処理水を海洋放出の形で処分すると決めたとのニュースが2021年4月13日に流れました。
以下は国の基準値やWHOの水質ガイドラインから十分に下回るようにするという日経の記事です。

原発処理水の海洋放出決定 2年後めど、100倍以上に希釈 2021年4月13日
政府は13日、東京電力福島第1原子力発電所の敷地内にたまる処理水を海洋放出の形で処分すると決めた。2年後をめどに実施する。
~中略~
トリチウムを含む水の海洋放出は国内外の原発でも実施している。基本方針によると、放出前に処理水を海水で100倍以上に希釈し、国の基準値の40分の1程度、世界保健機関(WHO)の飲料水水質ガイドラインの7分の1程度にトリチウムの濃度を薄める。

引用:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA12CGP0S1A410C2000000/

ところが、朝日新聞、毎日新聞、NHK等のメディアは処理水の事をあえて「汚染水」と書き、国民の不安や風評被害を自ら招くような報道をしています。
わざわざ処理水を汚染水と書き換え「風評被害が心配される」と煽り、一方では政権叩き、日本叩きを続けているという構図です。

放射性物質をほとんど取り除いた処理水を「汚染水」と表現する日本のメディア

NHKでは、海外向けのニュース記事で「radioactive water(汚染水)」としていたが、視聴者から指摘されて「treated water(処理された水)」と書き改めたそうです。
この件はネットでも話題になっており、朝日新聞も取り上げています。

【朝日新聞】汚染水→処理水 NHK、海洋放出の英語表現差し替え
 NHKは国際放送「NHKワールド JAPAN」で東京電力福島第一原発からの処理水を海洋放出する方針を9日に伝えたニュースのウェブ上の記事の見出しなどを差し替えた。海洋放出されるのを「radioactive water(汚染水)」としていたが、視聴者から誤解を与えかねないと指摘を受けたとして「treated water(処理された水)」に改めた。

 ニュースは、政府が放射性物質を含んだ水を処理して海洋放出する方針を固めたことを伝える内容。NHK広報局によると、視聴者から「汚染水が処理されずにそのまま放出されると誤解されかねない」などの指摘があり、11日に表現を差し替え、「誤った印象を与えたかもしれない」との釈明も付記した。

引用:https://www.asahi.com/articles/ASP4F6D8MP4FUCLV004.html

しかし、修正はしてもその悪印象やダメージは今後も付きまとうのではないでしょうか。
次は朝日新聞です。
わざわざ「朝日新聞は処理済み汚染水」と表現していたと自白しております。
引用してみましょう。

【論座-朝日新聞】#汚染水の海洋放出決定に抗議します(上)「風評被害」という言説で被害が隠されることを危惧する 2021年04月13日
トリチウム水海洋投棄の報道をめぐっては、各新聞社で表記が全く異なっていた。まずはそれぞれの表記を紹介したい。

 読売新聞は「処理水」(4月7日朝刊1面)、産経新聞は処理水(4月10日朝刊1面)、朝日新聞は処理済み汚染水(4月8日朝刊1面)、毎日新聞は汚染処理水(4月8日朝刊1面)と表現している。

引用:https://webronza.asahi.com/national/articles/2021041300004.html

次は毎日新聞です。2020年11月の記事なのでやや古いのですが、日ごろからどういう論調で不安を煽っているのかが端的に表れている良い事例なので紹介します。

影響ないのであれば何故そこを重点的に報道しないのでしょうか。
意味のない不安を煽っているのはメディア自身ではないですか。
記事本文中でも「汚染処理水」という言葉を連呼し、ただただ悪印象を植え付け不安を煽る内容となっております。
これでは風評被害を撒き散らすだけです。

中国・韓国の言い分と完全一致する野党陣営

日本が弱った時に追い打ちをかけてくるのが困った隣国である中国と韓国ですが、今回も案の定、科学的にも根拠のない批判をしてきています。

これに同調するのが立憲民主党と社民党です。
何故か(?)中国と韓国と論調が完全一致しています。

【産経新聞】対案なき立憲民主…いまも解決策を「まず探求」 処理水海洋放出 社民は「汚染水」 2021.4.13
 「国民の理解も進んでいない。風評対策の具体策もなし。こうした状況で海洋への放出を決めたことは非常に遺憾に思う」
 立民の福山哲郎幹事長は記者団にこう述べ、政府を批判した。
~中略~
社民党の福島瑞穂党首は「菅(義偉)政権は東電福島原発の汚染水を海洋放出することを決定」とツイッターに投稿。「汚染水」との表現が風評被害を広げうることへの配慮はないようだ。

引用:https://www.sankei.com/politics/news/210413/plt2104130049-n1.html

社民党の福島瑞穂議員も、処理水の事を「汚染水」と表現しており、

風評被害や外圧を利用して政権批判・日本叩きをしたいだけなのでは?等と勘ぐってしまいます。

経済産業省は安全性を発表している。トリチウム放出は諸外国でも実施しており、福島第一原発の放出予定量はそれらより少ない

以下に紹介する記事を読めば一目瞭然です。
諸外国に比べても放出量が少なく、また、経済産業省発表の資料でも人体への影響も十分に小さなものであると分かります。

【産経新聞】海外でもトリチウム放出 韓国原発は年間136兆 仏再処理施設は1・3京 2021.4.13
経済産業省がまとめたデータによると、韓国の主要原発である月城原発は2016年に液体約17兆ベクレル、気体約119兆ベクレルの計約136兆ベクレル(ベクレルは放射能の強さや量を表す単位)を放出。同様にフランスのラ・アーグ再処理施設は15年に計約1京3778兆ベクレルを海洋と大気にそれぞれ出している。

 このほか、英国のセラフィールド再処理施設は15年に約1624兆ベクレル、カナダのダーリントン原発は同年に約495兆ベクレルをそれぞれ放出した。

引用:https://www.sankei.com/life/news/210413/lif2104130051-n1.html

IAEA(国際原子力機関)でも問題視されておりません。以下はBBCの記事。

【BBC】福島第一原発の処理水、海洋放出を政府が決定 2021年4月13日
IAEAのラファエル・マリア経済産業省ーノ・グロッシ事務局長は、「海洋放出はどこでもやっている。目新しいことではなく、スキャンダルでもない」と話した。

引用:https://www.bbc.com/japanese/56728227

米政府も「世界基準に合致」と評価しています。

【時事通信】処理水放出「世界基準に合致」 米政府が評価 2021年04月13日
米国務省のプライス報道官は12日、日本政府が東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を決定したことについて声明を発表した。「独特で困難な状況において、日本は透明性を保ち、世界的な原子力安全基準に合致した手法を採用したようだ」と評価した。

引用:https://www.jiji.com/jc/article?k=2021041300414&g=int

以下は経済産業省の発表資料です。科学的根拠に基づいていると思います。

【済産業省:PDF】ALPS処理水について(福島第一原子力発電所の廃炉対策) 令和3年3月
トリチウムの安全性は確認されているのか?
~中略~
処理水を水蒸気放出又は海洋放出した場合の影響は、仮にタンクの全量を一年で処分した場合でも、日本で生活する人が1年間に自然界から受ける放射線(自然放射線)の1/1000以下と、十分に小さいものです

引用:https://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/hairo_osensui/pdf/202103.pdf

以上のように、風評被害が心配される、と言いながらそれを撒き散らしているのは当のメディア自身だということが分かったかと思います。
科学的根拠に基づかず、不安を煽ってきたメディアの論調は、永久に記録にとどめておく価値があると思います。

広告

最新記事一覧
     
Twitter