韓国で一日のオミクロン株新規感染者が62万人を突破。PCR検査拡大で韓国を見習えと主張していた人々はどう説明するのか?

韓国で一日のオミクロン株新規感染者が62万人を突破。PCR検査拡大で韓国を見習えと主張していた人々はどう説明するのか?

2022年3月17日、韓国では一日あたりのコロナウイルス・オミクロン株の新規感染者が62万人を超えて過去最多となりました。
世界の感染者の過去1週間のおよそ2割が韓国の感染者だったそうです。
凄まじい勢いで感染拡大が進んでしまったようです。

しかし日本のマスコミや野党、識者たちは、韓国はPCR検査拡充で感染拡大を抑え込んだ優等生、日本は韓国を見習えって言ってませんでしたっけ?

それでは過去の主張を振り返ってみましょう。
まずは元総理の鳩山由紀夫さんから。 韓国を見習うべきだそうです。

次は社民党党首の福島みずほさん。
明確に「感染拡大を止めるためにPCR検査」と仰っています。

テレビのワイドショー出演のコメンテーター、ジャーナリストもPCR検査を訴えていました。
中でもテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」が酷かったと聞きます。

【スポーツ報知】玉川徹氏、韓国の新規感染者が一ケタ台になり「参考にしなきゃいけないと思いますし、行動をもう一回考えないと」 2020年4月21日
「韓国は当初からPCR検査を徹底してやって、感染がわかった軽症者は施設で隔離をするってやり方を続けてきた結果、新規の感染者数を一ケタ台に落とすことが出来てるって事ですよね」とした。
 そして「この外国の例を参考にしなきゃいけないと思いますし、感染者を減らすには行動をもう一回考えないといけない」と主張した。

引用:https://hochi.news/articles/20200421-OHT1T50049.html

最後に、日本共産党です。
こちらも「コロナ感染拡大抑止へPCR検査拡充を」と主張していました。

「間違った議論は間違いだったときちんと認めることが必要」と言った日本共産党は間違った議論だったと認めたらどう。

広告

アクセスランキング
最新記事一覧
     
Twitter