安倍氏暗殺容疑者による「此度の戦、決して私心にあらず」の明智光秀引用投稿を評価し英雄視する朝日新聞

安倍氏暗殺容疑者による「此度の戦、決して私心にあらず」の明智光秀引用投稿を評価し英雄視する朝日新聞

安倍晋三元首相の暗殺事件について、朝日新聞が「殺されたのは自業自得だ」と言わんばかりの記事を書いていた。
この記事だ。

  • 【朝日新聞】「時代に敏感、感情任せでない犯行」 安倍氏銃撃、容疑者の投稿分析 2023/1/8
    https://www.asahi.com/articles/ASR177WBJR17PTIL00Y.html

朝日新聞や毎日新聞がよくやる手だが、一般人が知らないような専門家を連れてきて自社の主張に都合の良い事を言わせる報道手法である。
今回は、容疑者が過去に投稿していたツイートを分析してもらうという体裁で犯罪心理学者を呼んで何やら語らせているのだが、その内容がまあ酷い。

  • 安倍政権で議論されていた集団的自衛権の行使について、支持はするが手続きを飛ばすのは反対
  • 性被害を訴えた伊藤詩織さんが叩かれるのは政治的理由

と容疑者が主張していた事や
語り尽くせぬ恨みあれども、此度(こたび)の戦決して私心にあらず。天下国家のため織田信長の首を取ることこそ天の道
と大河ドラマ「麒麟がくる」の明智光秀のセリフを複数引用していた事を指摘し、世の中を変えていく事に注目している、と評価している。

これではまるで、横暴な権力者を葬って時代を変えた英雄みたいな表現ではないか。容疑者が光秀のセリフを引用ツイートしていたからといって、それが何なのか。テロや暗殺を正当化するのか。まるで韓国人にとっての安重根(アンジュングン)のようだ。

s_hand_gun.jpg

更に、「安倍はヒトラーなのだろうか」と投稿していた事をあげ、最終的にこのようにまとめている。

「単に妄想や感情にまかせて犯行に及んだものとは考えにくい。国や政治、世界に対して興味関心もあり、自分の意見を述べることができる人、時代の情勢に敏感で、問題意識が高い人ではないかと思われます」

なんだそれは。
そんな人ならTwitterにはたくさんいるが。
問題意識を持っていたから実力行使をするのか。
安倍はヒトラーだ、だから安倍が悪い、自業自得だ、という事か。織田信長やヒトラーになぞらえ、殺されて当然と朝日新聞は言いたい訳だ。
これは、目的が正しいと思ったら暴力をも辞さない、という雰囲気を醸成する悪質な記事だと思う。
朝日新聞は暴力を肯定しているように読める。

我々には理解不能だが、左派論客には容疑者を英雄視する向きもあるのだろう。朝日のこの記事まで露骨ではないが、そのようなニュアンスの論調は見かける。
だから容疑者への差し入れに留まらず、百万円以上の現金やファンレターまで寄せられるのだろう。
まるでオウム事件の時の上祐のようだ。
以下はスポニチの記事。

  • 【スポニチ】山上徹也容疑者に差し入れ 総額100万円超の現金にファンレターも 2023年01月09日
    https://www.sponichi.co.jp/society/news/2023/01/09/kiji/20230108s00042000692000c.html

それにしても亡くなってまでアベノセイダーとやられる安倍元首相が気の毒すぎる。

広告

おすすめ記事
アクセスランキング
最新記事一覧
     

新着記事一覧

Twitter